【自分への信頼とは?2】

【自分への信頼とは?2】

こんにちは
しあわせカウンセラー 神谷 豊です。

自分を信頼し始めると
受け入れられない自分が出てきます。

最近では
そのことに対して
慣れてきましたが
初めのうちは悶絶していました。

好きな自分や楽しい自分に対しては
認めることや抱きしめることで和解できるようになりましたが。

 

ダメな自分が見つかる度に
胸が締め付けられる思いをした記憶があります。

その度にメンターから
教えて頂いた言葉を思い出しました。

 

出来ないことがあったら、

 

そこから学べば良い。

 

自分を信頼できたいないことの一つとして
自分の苦手のことや嫌いのことから逃げている場合があります。

 

ぼくも勉強や人間関係がうまく行かなかったので
それらのことを改善しないで逃げていたんですよ。

 

逃げるために
自分に都合のい言い訳をして。

 

ぼくは人が嫌いだから。

 

勉強することが偉いわけでないから。

 

などなど。

 

自分の都合の良いように言い訳を考える。

 

言い訳を云えば
自分が落ち込まなくてすむからね。

 

でもね。

 

言い訳を云えばいうほどに
暗い闇から自分で抜け出れないことに氣が付いていなかった。

氣が付いたいたのかも知れないけれど。

 

どのように変えるかが分からなかった。

 

大人が教えてくれたのは
頑張れという言葉だけだった。

 

でも。

メンターは違った。

 

出来なければ
学べば良いんだよ。

 

人間関係を学んで
誰とでも会話が出来るようになった。

 

心理学を学んで
苦手な人や嫌いな人がいなくなった。

 

学んでいるうちに
学ぶことが楽しくなった。

 

その時によく分かった
勉強が嫌いでは無かったことが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です